お知らせ

2021/12/17南極観測隊オフィシャルダウンウェア・ザンター入荷!

1951年、日本がまだ戦後まもなく
占領下にあった頃に
国内で初めてダウンウェアを制作した
ZANTER<ザンター>。
その優れた性能から
南極観測隊のオフィシャルダウンウエアとして、
60年以上に渡り現在も過酷な環境下へ趣く隊員へ、
高品質なダウンウエアを提供し続けている。


こだわり続ける羽毛の品質
ザンターがこだわり続けているのが「羽毛の品質」。
一般的に市販されているダウンウエアの多くが生後45日前後のヒナ羽毛が使用されているのに対し、
ザンターが使用するダウンは生後90日以上のダックから採取している。

現地農家に成鳥になるまでのびのびと育てられたダックから採取することで、素材にストレスが掛からず健康的で羽枝の密度が濃い良質なダウンボールとなる。
それにより、型崩れが起きにくく優れた保温性と耐久性を実現している。


卓越した保温性
ザンターの魅力で外せないのがその卓越した「保温性」。
それは日本国内にある最新鋭の機械と熟練の職人により行われる
高い「精毛技術」によるもの。

ダウンの品質を示す指標として使用される「フィルパワー」においては
一般的に600〜700が高品質とされるが、
同モデルはなんと800フィルパワーを誇る。
60年以上にも渡って
過酷な環境下で作業する南極観測隊に
ダウンウエアを提供してきたザンターだからこそできる、
優れた技術だ。


東レの最先端機能性素材を採用
透湿防水素材”ブリザテック®"(JP ORIGINAL DOWN JACKET (ARE MODEL)に採用)
透湿防水素材「ブリザテック」は、生地表面は水をはじくとともに生地の内部まで水を浸透させず、
撥水、防水性能と内部に滞留した湿気を外部に放散する性能を兼ね備えた高機能性素材のこと。

生地表面の撥水性能により水をはじき、中層に形成した特殊なポリウレタン膜により、水圧がかかっても内部まで水がしみこみません。
そのため水系の汚れはすぐにふき取ることによって、つき難くなっています。

さらに内部に溜まる湿気は外に放出する性能をもっているので長時間着ていてもムレることなく、不快感を解消します。
耐久撥水素材”デルフィ®”(WP-H DOWN JACKETに採用)
軽い雨や雪なら弾き内部への浸透を防ぐ耐久撥水性と、
更に発汗によるウエア内のムレを防ぐ透湿性を両立させた東レの機能性素材。

長時間着ても蒸れにくく快適な着心地を実現します。



WP-H DOWN JACKET

ZANTER
WP-H DOWN JACKET
国産ダウンメーカーのパイオニアであるZANTERが、タウンユースとしてより気軽にZANTERの魅力を体感できるように開発されたのがこちらのDOWN PARKA「WP-H」。

国内製毛の800フィルパワーダウンを贅沢に使用した、高い保温性もさることながら
日本人の体型に合わせたパターンにより、スッキリしたシルエットを実現した。

さらに、胸ポケットや両サイドに大きく取られたフラップポケットと共に裏側にも大容量のマガジンポケットが備えており、バッグいらずのユーティリティーな一着となっている。



JP ORIGINAL DOWN JACKET (ARE MODEL)

ZANTER
JP ORIGINAL DOWN JACKET
(ARE MODEL)
国産ダウンメーカーのパイオニアであるZANTERの中でも
日本の南極観測隊が実際に南極で来ている仕様のダウンパーカーで、
マイナス60°Cまで耐えられる様に設計されている。

国内製毛の800フィルパワーダウンを贅沢に使用し、表地には東レの耐久撥水素材<ブリザテック®>を使用。
生地表面は水をはじくとともに生地の内部まで水を浸透させず、撥水、防水性能と内部に滞留した湿気を外部に放散する性能を兼ね備えた高機能性素材により、過酷な環境下でも常に快適さを保つことができる。



ネルシャツ+アウターで作るアメカジ冬支度

お知らせ一覧